2023.12.01

深める

車いすで次は九州一周!暑い、痛い、重い…それでも走る51歳母についに異変?

生活用車いすにこだわるワケ

車いすで各地を回るとき、中さんは必ず、集まった応援金を、障害のある子どもや引退した介助犬の支援などに寄付しています。

「障害がある子どもたちがスポーツに限らず、チャレンジするときに、これがあったらできるのにというものを。『誰か助けて』と手を挙げた子にあげたい」のだといいます。

「特別な車いすがなくても、色々なことができる」

そんな姿を見せるため、生活用の車いすにこだわって挑戦を続けています。

「車いすを漕いでいる時、上り坂なんて、ずっと下を向いている。下を向いている時に『がんばれ』と言われたら顔を上げるでしょ。『どうも』というときは、しかめっ面はできない。だから辛くて下を向いている時は、上を向いた方が良いと思う」

そして挑戦も折り返し地点、走行距離569km。

熊本城を始め、からし蓮根や馬刺しなどが有名な熊本県へ。

これまで、ずっと明るく前向きで数々の名言を伝えてくれた中さんに、ある悩みが出始めていました。

なぜ走っているのか…

「自分自身が、なぜ走っているのかが分からなくなった。すごいと言われることに抵抗を感じるようになって…」

ここにきて、「走る理由がわからなくなった」という中さん。

迷いを抱えながらも、多くの期待に応えるべく、挑戦を続けますが…

「ごめん、ちょっと休憩。集中していたら頭が痛くなっちゃった」

そしてその翌日…予定時刻を過ぎても中さんは姿をみせませんでした。

中さんの挑戦、どうなってしまうのでしょうか。

「走る理由がわからなくなった」とき、背中をおした出来事があったのです。

文:HBC報道部「もんすけ調査隊
編集:Sitakke編集部あい

※掲載の内容は「今日ドキッ!」放送時(2023年11月6日)の情報に基づきます。

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter