2023.12.01

深める

車いすで次は九州一周!暑い、痛い、重い…それでも走る51歳母についに異変?

痛みに雨に暑さ…それでも

中さんの挑戦は、日の出から日没まで、毎日50キロほどを走る過酷なもの。

そのため…

なんとか日没に間に合わせようと頑張りましたが、キレイな夕陽を見ることはできずに初日は終了しました。

そして2日目…

中さんは「痛い。もう痛いです体が」と訴えました。

障害を負ったのは、今から14年前。

赤信号で車を停車していたところ、後ろからほかの車が衝突。

その事故が原因で、左半身に”まひ”が残る体になりました。

そのため、今も毎日、鎮痛剤などの薬を飲みながらの挑戦なのです。

サポーターのひとり、長男の中港(なか・みなと)さんはそんな母親の姿に力をもらっているといいます。

「自分もまだまだ違うことに挑戦できるんじゃないかとか、他の人も、もっと色々なことに挑戦できるのではないかと思わされる」

この日の大分県は雨。

少ない予算と限られた日程での挑戦なので、雨が降ったからと言って休むわけにはいきません。

中さんは「今の年齢が、これから先で一番若い。だから今、一番若いからチャレンジできる」と奮い立たせます。

出発から7日目、230kmを走り宮崎県へ到達。

宮崎県と言えば、サンメッセのモアイ像や、鶏の炭火焼きなどが有名。

この日も30℃を超える暑さ…。もうやめたいとは思わないのでしょうか?

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter