2023.11.28

深める

「人生に迷ったときはどうすればいい?」 函館の海で偶然出会った20~70代に尋ねてみた【海と人生①】

Iさんの取材を終えて、私たちは改めて緑の島から見える景色をたどりました。

来た道をそのまま戻り、緑の島を歩きました。
見える景色とともに、今回お話を聞いてきた皆さんの価値観・メッセージが思い返されます。

●決断のときには自分のやりたい気持ちを優先する。
●起こってしまったことは、気にしすぎずに、受け止める。
●自分の中の選択肢を増やすこと、”選択肢がある”と自覚することが救いになる。

Tさんご夫妻、パートナーのAさんBさん、公務員のIさん。
年齢も出身も背景も全く異なり、たまたま取材の日に函館に来ていた方々だったのに、お話の内容には不思議とどこか共通点を感じました。

人生で迷っているとき、決めたけれども迷いが晴れないとき、どうすればよいのか?

この疑問への明快な答えを見つけられたわけではありません。
きっと今後も、私は迷います。そして何となく海を眺めると思います。そんなタイミングで、今回の取材を通じ先輩方に教えてもらった”視点”が活きるのだと思います。

ー海と人生・名畑編 おわりー

文:学生ライター・名畑公晴
編集:Sitakke編集部 ナベ子

※ この記事は学生ライター講座の参加学生3名による、リレー連載 【海と人生】です。
※掲載の内容は取材時(2023年9月)の情報に基づきます。

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter