2023.11.28

深める

「人生に迷ったときはどうすればいい?」 函館の海で偶然出会った20~70代に尋ねてみた【海と人生①】

笑顔がとても素敵なお二人に、改めてお願いしました。

「人生に迷っている若者にメッセージをお願いします」。

Aさん:くよくよしないで!いいこともある!
Bさん:流れに沿って。苦しいときも良いときも、ある。苦しいときが頑張りどきで、勉強どきです。

さらにAさんからアドバイスを頂きました。
「学生のうちにどこで、頑張り力をつけるか、です!バイトは、塾講師や家庭教師に限らず何でもいい!人間関係をつくって成功と失敗を知っておくべき!」

これはAさんの実体験から成る助言でした。なりたくて叶えた先生の仕事。はじめに赴任した中学校にいた5年間、生徒から「この若造!」と反発され、うまくいかなかったそうです。

「自分は“お坊ちゃん”だったから、世間知らずで…生徒の共感を得られなかったんだと思う。若いときはもうちょっと、尾崎豊みたいに、ヤンチャしてもよかったのかもなぁ」

生徒からの反発があったことで初めて、ご自身が世間を知らなかったこと、つまり、多様な人との関わり方がわからなかったことに、気がついたそうです。そこから数十年。Aさんは、教師という職業にやりがいを感じ、中学、高校で教鞭をとり続けたそうです。

「教え子だった生徒が、お気に入りの故事をケータイの待ち受けにしてくれていてね。そういうのが嬉しいね!」と、Aさん。ウンウン、とにこやかに頷いているBさん。

取材を終えて、私たちが立ち去ってからも、しばらく楽しそうにお話しするお二人の姿が見えました。

人生の大先輩である、AさんBさんのお話は、とても説得力のあるものでした。長い人生を進む中で遭遇する、波のように浮き沈みある出来事を、どう受け止めていくか。
そのヒントを教わることができたように思います。

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter