2024.01.05

深める

父親はわからない、だけどこの子を産んで育てる…“孤立妊婦”を支える「切れ目のない支援」の今

「切れ目のない支援」に一歩ずつ

妊娠・出産・産後ケア…

支援が必要な女性たちがその網からこぼれ落ちないよう、切れ目のない支援が求められます。

ゆきさんが利用する産後ケアは、札幌市の事業で1000円~2500円で利用できます。

対象は、6か月未満の赤ちゃんとお母さんです。

利用できるのは孤立妊婦だけではありません。

「育児の疲れから体と心の調子がすぐれない」などの悩みがある女性ならば、誰でも利用できます。

孤立妊婦に関しては、妊娠・出産・産後とさまざまな場面で切れ目のない支援が必要です。

ただ、支援機関は「保健所」、今回の「リリア」のような民間の事業所、「母子生活支援施設」などバラバラなのが現実。

互いに連携はとっているものの、例えば出産直後に施設を移らざるを得ない状況があります。

一から信頼関係を築く必要があったり、支援方針が変わったりするなどの課題があります。

政府は来年度の予算で、特定妊婦をはじめ、支援が必要な妊婦に、切れ目のない支援を拡充していく方針です。

連載「じぶんごとニュース

文:HBC報道部
編集:Sitakke編集部あい

※掲載の内容は「今日ドキッ!」放送時(2023年12月20日)の情報に基づきます。

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter