2024.01.05

深める

父親はわからない、だけどこの子を産んで育てる…“孤立妊婦”を支える「切れ目のない支援」の今

「自分が望んだこと、これが幸せ」

4月、ゆきさんは出産を迎えました。女の子の赤ちゃんです。

幼いころに、母親や弟と離れたゆきさん。

血のつながった家族との生活をこれから築いていきます。

孤立妊婦の支援は、出産がゴールではありません。

赤ちゃんが7か月になったころ、ゆきさんの元を訪れると、もうその顔つきはすっかりお母さん。

「目がそっくりと、初めて会う人にも言われます」と穏やかに笑います。

ゆきさんがいるのは、札幌市南区にある母子生活支援施設です。

児童福祉法に基づく施設で、夫がいないなどの事情があり、支援を必要とする母子が入居できます。

いまこうして、赤ちゃんと2人で暮らせて、どう思っているか聞いてみると…

「『もし一緒にいられなかったら』ってことをたまに考えるんですけど、どれだけイライラしても、自分で産んで育てることは自分が望んだこと。これが幸せなのかなって思います」

日々、子育てに奮闘しているゆきさん。

しかしあるとき、体調を崩し、赤ちゃんと離れ離れになってしまいました。

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter