2024.05.12

育む

「いのちがないているよ」5歳が初めて向き合った“死”…「こわい」と棺を見られなかったこうちゃんが、曽祖母にお手紙を書いた日【室谷香菜子のいっくじ日記#3】

HBCアナウンサーの室谷香菜子が、息子「こうちゃん」の“一言”と、一緒にしたためる一句で、小学校入学までの1年間を”一句”(育)児日記につづります!

こうちゃんが初めて向き合った“死”

その知らせは、寒い朝に突然やってきました。

『おばあちゃんが今朝亡くなりました。帰ってこられますか?』と父からの突然のLINE。

起きてすぐに読んだそのメッセージで一瞬にして目が覚め、ドキンドキンと鼓動が速くなるのを感じました。

すぐに会社と保育園に電話して事情を話し、キャリーバッグに荷物を詰め込みました。

「こうちゃん、今から青森に行くよ」
「え~!飛行機に乗るの~!?やった~!!!」

息子は大喜びです。

私の地元・青森に息子と帰省するときは、途中飽きてぐずったりしないよう、なるべく短時間で移動したいので、必ず飛行機を使います。

2歳くらいのイヤイヤ期の頃の飛行機移動はものすごく大変で、泣くわ、暴れるわ、通路で走り出すわ…!

私にとっては忍耐力が試される修行のようでした。

今では大きな座席に一人でゆったりと座って、ジュースを飲んだり窓の外を見たりしてくれるので、約40分のフライトはあっという間です。

でも、「楽になったなー」と感慨にふけるいつもの旅と、今回は違う。

祖母が亡くなったことを私自身も受け止めきれずにいる中で、息子になんと説明しようか。

少し考えてから、正直に伝えました。

「おおきいおばあちゃん(私の祖母のこと)が今日死んじゃったんだって。会いに行こう」

「えっ。おおきいおばあちゃん死んじゃった?死んだの?」

聞きなれない「死」という言葉に、息子も動揺し始めました。

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter