2023.11.04

暮らす

新人若手の「佐藤さん」と、世界最高峰の経験を持つ「佐藤さん」。2人が織りなす、北海道ボールパークFビレッジ“魅惑”のガーデン

「ありがたくって、設計者冥利に尽きる…朱理ちゃんはものすごく頑張り屋さん」。

十勝の幕別町にある、未季庭園設計事務所のガーデンデザイナー、佐藤未季さん。
キノ花園計画の柏倉一統さんとパートナーを組み、Fビレッジガーデンのガーデンデザインを担当しています。

未季さんは、柏倉さんとパートナーを組んで挑んだ、100年以上の歴史を誇るイギリスの世界最高峰のガーデンショー「チェルシー・フラワーショー2019」でゴールドメダリストとなったガーデンデザイナーです。

「健康と幸せ」をデザインの根幹に置きながら、見た人が癒されるような自然の植物群落や、草原を模した植栽設計図はとても緻密で、社会人1年目の朱理さんが向き合うのはとても難しいものでした。

それでも朱理さんは、初めて見る図面を見ながら、懸命に取り組みました。その姿に未季さんは心を打たれたといいます。

笑顔でこの1年を振り返る、“2人の「佐藤さん」”。佐藤朱理さん(左)と佐藤未季さん(右)

「1年目って聞いている朱理ちゃんが泣きもせず、黙々と図面を見ながら花苗を置いてって、分からないと必ず電話をくれたり、質問をしてくれて、一生懸命メッセージをくれたりするわけですよ。

こういうふうにしたらいいですかって聞いてくれて、『ごめんね、読みづらい図面なのに』と言っても、大変なのに泣き言一つ言わず『勉強になるのでいいです』とか、健気に、一生懸命図面に忠実に置いてくれたんですよね。なので、私達としてはもう何だろう、ありがたくって設計者冥利に尽きるというか…」

一塁側リポビタンゲート横のワンダー・ガーデン ©H.N.F.

Fビレッジガーデンは多様に ゆるやかにつながる

Fビレッジの「共同創造空間」というコンセプトに合わせて、ガーデンも「北海道の新たな交流が生まれる場所」としてプランニングされました。

これまで様々なガーデンに関わってきた未季さんもFビレッジガーデンにはほかにはない特徴があるといいます。

「ここはファイターズっていうすごく魅力的なものがあるから、今までお花とかに全く関わってなかった人までガーデンサポーターとして来てくれている、全身ユニフォームの人もいましたからね。もしかしたらお花好きだから来ているって言って来てくれた方も、いるうちに野球のことももっとより深く好きになってくれるかも。ここの場所のキーワードはクロスオーバーだなって思っているので、嬉しい限りです」。

2023年最後のガーデンサポーターの手入れの様子

花好きな人や、地元の人だけでなく全道各地から、そしてファイターズファンや子どもたちも多く、ガーデンサポーターに参加しているのが、このガーデンの特徴です。今年は5月から10月まで、のべ450人のガーデンサポーターが自分の都合に合わせながら月2回集まって、ガーデンの手入れをしてきました。

そして、その交流はガーデンサポーターの中だけでなく、300万人以上が訪れた来場者とも。朱理さんはガーデンの手入れをしているとよく声をかけられました。

「これ綺麗だね、管理してくれてありがとうって言ってくれる感謝の言葉とか、生でそのときに聞けることができて、達成感とか嬉しさをすごく感じることができました」。

作業中も笑顔を絶やさない朱理さん ガーデンサポーターの中にもファンが多い

朱理さんは「このガーデンを見るために本州から来ました」と声をかけられると、ガーデンの手入れをほかのスタッフにお願いして、ガーデンを案内したこともあったそうです。

「年代が固定されるわけじゃなくて色々な人が来て、色々な人が会話して、ガーデンを管理しながら話しかけてもらえる、そういう会話が多い場所、ガーデンになってくれたらいいなって思います。ちょっとした、少しでも会話が、いっぱい話ができるガーデンだったら…なってくれたらいいなって」。

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter