2022.04.22

出かける

「ガラス・キッシュ・古道具…“暮らしの中の美しさ”に想いを馳せて」そら豆ガラス商店【江別市/カフェ・雑貨】

北海道の女性のための、こころ豊かな暮らしを楽しむ「きっかけ」になるようなスポットをSitakkeが推薦していきます。

今回はSitakkeパートナーメディアの「スロウ日和」が紹介してくれた、江別にある古民家カフェ。空間の居心地の良さ、おいしさだけでなく、使われている器の美しさも楽しめます。営んでいるのは、「ガラス作家」です。

そら豆ガラス商店 【江別市/カフェ・雑貨】

基本情報

住所:江別市上江別西町43-1
アクセス:JR高砂駅から徒歩10分ほど
電話:011-839-1631
※現在は2席+予約専用席で営業中

営業時間:午前11時半から午後5時(ラストオーダー午後4時15分)
定休日:日曜・月曜・その他不定休
※4月25日〜5月1日、7〜8日はイベントのため通常営業はお休み

詳細は店舗のインスタグラム「@soramameglass」で

「そら豆ガラス商店」が作る“きっかけ”は…

古民家を店主みずからリノベーションした店内は、木のぬくもりが感じられます。ゆったり過ごしていると、どこからか、古時計の音が…。

奥の部屋には、古道具が並んでいるんです。こちらも店主の村山敬史(むらやま・たかふみ)さんが仕入れたもの。古物商の免許を持っているんだそう。

店主の村山さん

カフェの看板メニューは、キッシュプレート。キッシュ・スープ・サラダそれぞれ週替わりで、通うたびに楽しめます。毎週メニューを考案して作っているのも、村山さん。

そして、サラダが入った器に注目。細やかな気泡と、透明感が、サラダをよりいっそうみずみずしく見せます。

ふれると気泡のふくらみが感じられる。持ちやすい軽さで、かつ安定感もある

この器も、村山さんの手作り。

村山さんは、ガラス作家なんです。いつも、「きょうもきれいだな」と見惚れながら作っているそう。

自身が魅せられたガラスの美しさを、“体感”してほしいと、作品を売るだけではなく、カフェで食器として使っているといいます。

「ガラス店に行くっていうと、なんか買わないといけないのかな、接客されるんじゃないかなと思っちゃうけど、うちは全然、ちょっと見て『きょういいのないからお茶してく〜』みたいな感じでも全然いい」

ガラスや古道具を目当てに行って、ついでにカフェでゆっくりしても良し。カフェ目当てで行って、「この器、素敵だな」と思ったら買っても良し…。さらに、村山さんの妻が手がける季節のスイーツや、雑貨販売スペースもあるんです。

自家製レモネードと、この日の期間限定スイーツ「紅茶のバスクチーズケーキ」。どちらも絶品な上、レモンとリンクした黄色いグラスがかわいい

ガラス・古道具・キッシュ・スイーツ・雑貨…きっかけはさまざま。多才な夫婦が生み出す空間で、気軽に「暮らしの中の美しさ」にふれ合ってみませんか。

※情報は取材時の情報に基づきます。最新の情報は店舗にお問い合わせください

文:Sitakke編集部IKU

Sitakke SPOT

あなたの前向きな一歩につながる「きっかけ」と出会えますように。Sitakke編集部が取材した店舗・施設情報をまとめています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter