2024.05.13

暮らす

クマが住宅から30メートルの距離に…クマの出没を防ぐ!対策の効果とこれからを考える

草を食べているのでしょうか。カメラのほうを振り返ったクマがいるのは、住宅から30メートルほどの場所です。

北海道南部の乙部町。3月にクマの目撃が相次ぎました。

春になり、道内各地で出没が続いています。

札幌市も例外ではありませんが、近年、対策にも力を入れてきました。
クマが住宅地に出ないようにする対策を、市民と協力しているのが特徴です。

そのひとつが、「草刈り」。
クマは背の高い草や、川沿いの茂みなど、体を隠せる場所を好んで移動するため、「草刈り」をして、クマの通り道を遮るのです。

見晴らしを良くすることで、クマと人がお互いを見つけやすくなり、ばったり出会って事故にあうリスクを減らせます。

札幌市は、2023年、町内会や学校などと協力して、7か所で草刈りをしました。
「常連」の地域が増えてきたようです。

そこには、今後の対策のヒントもあります。
2024年のクマ対策を考えるため、改めて振り返ります。

連載「クマさん、ここまでよ

【この記事の内容】

・2023年に草刈りを実施した7か所を振り返る
・効果はあったのか?
・今後の対策のヒント

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter