2024.01.20

暮らす

映画『ゴールデンカムイ』「北海道の人にこそ観てほしい」主人公・杉元佐一役の山﨑賢人さんとアシㇼパ役の山田杏奈さんが語る作品への想いとは

明治末期の北海道を舞台に、一癖も二癖もある魅力的なキャラクター達が、莫大なアイヌの埋蔵金を巡り、繰り広げる壮大なストーリー。北海道出身の漫画家・野田サトル先生による大人気コミックが原作の、実写映画『ゴールデンカムイ』が 2024 年 1 月 19 日(金)から公開中です。

©野田サトル/集英社 ©2024 映画「ゴールデンカムイ」製作委員会

映画『ゴールデンカムイ』杉元佐一役の山﨑賢人さん、アシㇼパ役の山田杏奈さんにインタビュー!

HBC 北海道放送が運営する「Sitakke」では、これまでも作品の魅力を、 『ゴールデンカムイ沼』特集でお伝えしてきましたが、なんと今回、映画『ゴールデンカムイ』の主要人物を演じるお二人にインタビューを実施ッ!

昨年12 月 20 日(水)に行われた完成報告会で、主人公・杉元佐一役の山﨑賢人さんと、アシㇼパ役の山田杏奈さんにお話をお聞きしました。

完成した『ゴールデンカムイ』を試写会で見た感想は?

―完成した作品を観た率直な感想を教えてください!

【山﨑さん】いや、ほんとにシンプルにすごく面白かったですね。なんか自分が出演していることも忘れるくらい。面白かった。そして、ヒグマもすごいです!

【山田さん】 現場ではその(ヒグマの CG が)どんなふうに完成するのかわからなかったですから。完成したのをみてびっくりしました。

【山田さん】 “ほんとに面白かったのでぜひ”って自信を持って言えるような作品に仕上げて頂きました。北海道でしっかりと撮れたっていうのも、すごく有り難かったなと思いました。寒さとか、空気がそのまま映像に映っている感じがして、それもすごくよかったなって思います。

【山﨑さん】 アクションに関していうと、映画冒頭の「二〇三高地」のシーンでは、杉元が“不死身の杉元”になるまでの大事な戦いが丁寧に描かれています。何人とも戦って倒して、最後に生き残った男…というのをワンカットの長回しで撮影したことで、説得力がある表現に仕上がったと思いますね。

あとはヒグマとのアクションも…杉元は大変でしたね。
(ヒグマは CG なので)、現場では、ヒグマの特殊造形があって、戦うシーンを撮影しました。とにかくデカいんですよ。「ヒグマが立ったらこのくらい」と言われたときに、「え!そんなに(大きいの)!?」と驚きました。動きも速いですし...。ヒグマとの戦闘シーンでは、体温も想像しながら、しがみついたりもしてましたね(笑)

【山田さん】私もそのシーンで大変だったのが、ジグザグの方向に動くヒグマを弓矢で狙うというくだり。ヒグマの動きを目で追うアクションをしないといけなくて…想像でがんばりました。

【山﨑さん】でも、完成した映画を観たらすごかったよね!

【山田さん】すごかった…!

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter