みなさま、初めまして!札幌で芸妓をしております、「こと代」と申します。

「芸妓」といえば、京都のイメージが強いと思います。しかし北海道にも開拓期から道内各地に花柳界がございました。現在は札幌のみになってしまいましたが、「さっぽろ名妓連」には12名の芸者衆が所属し、毎日お稽古、お座敷などで活動しております。

北海道神宮礼祭にて

稽古中のようす

さっぽろ川甚本店にて

芸妓になる前は、大学卒業後、ワーキングホリデーでアイルランドに滞在していました。
子どもの頃から、テレビで見る芸妓さんに憧れがあった私。
一方で、「北海道に芸妓さんはいない」と思っていたので、まさか自分がなれるとは思っていなかったのです。。

転機となったのは、日本にいる母から届いた一通のメール。
母から送られてきたのは「芸妓育成の第一期生募集」と書かれた、小さな記事でした。
幼いころからの夢に挑戦してみたい。海外での経験を、きっと芸妓にも生かせるはず…
そんな想いで、未経験のまま、この世界に飛び込びました。

唄に、踊りに鳴りものに…毎日稽古に明け暮れる日々。
地元の皆様のご支援のもと(さっぽろ芸妓育成振興会)から一期生としてお披露目をさせていただいてから丸5年が経ちました。

詳しくは先日、Sitakke編集部さんに取材していただきました記事をぜひご覧いただければと思います。

→記事:「芸妓さんは恋愛禁止?」知識ゼロの筆者が”札幌の花柳界”を見学してきた話【前編】

(こちらはお披露目当時、23歳のこと代です。まだまだお化粧が馴染んでおらずちょっと恥ずかしいです。)

「もっとたくさんの方たちに、私たちの存在を知っていただきたい!」
「日本の文化をもっと身近に、気軽に楽しんでいただきたい!」
日を追うごとに、気持ちが強くなっていくのを感じます。

この連載では、そんな願いをのせて、札幌の花柳界の歴史や文化などをご紹介していきたいと思います。お付き合いのほど、どうぞ宜しくお願いいたします!

(最近のわたくし。後輩もできました!二期生のふみ代ちゃんです。もっともっと若手が入門してきてくれると嬉しいなぁ。)

~最近の活動~

歴史ある「すすきの祭り」にさっぽろ名妓連が初めて出演させていただきました!野外で踊らせていただくことはなかなかありません。この日はとても蒸し暑く、ステージのあとはみんなで汗だくになっていました。笑

(2023年8月4日「すすきの祭り」にて)

地元のイベントやお祭りに呼んでいただけるのは、とても光栄なこと。
これからもたくさんの皆様にお目にかかる機会を増やしていきたいです!

札幌市内にて

Hello, everyone! My name is Kotoyo. I am a Geisha in Sapporo, Hokkaido.Speaking of "Geisha", ‘Kyoto’ may comes to your mind first. However, there were geisha worlds around Hokkaido from the development era of Hokkaido. Currently, this is only in Sapporo, but 12 geisha still belong to "Sapporo Meigiren". We practice hard everyday for the banquet. From now on, I will write about the days of geisha in Sapporo. I hope you’ll enjoy it!

連載:さっぽろ芸妓日誌

文:さっぽろ名妓連 こと代
編集:ナベ子(Sitakke編集部)

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • X
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • X