2021.12.04

出かける

サンタの明かり きれい イルミネーション点灯 駅北口【帯広】

キッズサンタたちがボタンを押し、一斉に明かりがともったイルミネーション

帯広市中心部の冬を彩るイルミネーションの点灯式が11月27日、JR帯広駅北口で開かれた。サンタクロースに扮(ふん)した子どもたちが点灯ボタンを押すと一斉に明かりがともり、ぬくもりのあるオレンジ色の光が辺りを包んだ。

今年で20回目。駅北や藤丸前、平原通などに約8万個の電球を取り付けた。点灯式は昨年に続き、新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して開催した。

点灯式では、主催する「おびひろイルミネーションプロジェクト実行委員会」の見子雄一委員長が「関係者の熱意と工夫で今年も開催できた。イルミネーションの光が永遠に輝きますように」とあいさつ。池田高吹奏楽部が演奏を披露し、帯広市や帯広商工会議所などの関係者7人と、キッズサンタ8人が点灯ボタンを押した。

キッズサンタを務めた女児(音更鈴蘭小2年)は「クリスマスが楽しくなるようにと思ってボタンを押した」と笑顔を見せた。イルミネーションは来年2月23日まで。

十勝毎日新聞社

十勝毎日新聞は電子版で十勝管内外のニュースや情報を発信しています。紙の新聞に掲載する日々のニュースに加えて、電子版オリジナルの深掘り記事や、多彩な写真、動画が見られます。ドローン映像の特集などで十勝の美しい自然を紹介しています。

https://kachimai.jp/

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

キーワード

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter