2023.08.24

出かける

【最北端の日本百名山】北海道・利尻山に雨の中挑む!地元アナウンサーの山ガイド

北海道生まれ北海道育ち。生粋の道産子であるHBCアナウンサー・堀内美里(ほりうち・みさと)が、趣味である「登山」と「山ごはん」を連載。

自分の足で歩いた先にある絶景と美味しいご飯は、もう最高です!
文化部出身・運動神経ゼロの私でも楽しめる「コスパはなまる山」を紹介していきます~!

連載「堀内美里の言いたいことは山々ですが

最北端の日本百名山!海に浮かぶ壮大な山「利尻富士」

日付:2023年8月5日
利尻山(標高1721㍍)
北海道利尻島
登り5時間、下り4時間40分

今回のルートマップ(登山アプリYAMAPより)

山頂(見晴台)からの絶景度 ★★★★★(晴れていればきっと…)
険しい度 ★★★★★
周辺の施設充実度 ★★★★☆
札幌市内からのアクセスの良さ度 ☆☆☆☆☆
個人的オススメ度 ★★★★☆

ポイント
✓まるでドラマの主人公になったような起承転結を味わえる
✓晴れていれば、360度海の大パノラマ
✓トイレや避難小屋が登山道にあり、長い山行が初めての人も安心

登山レポ

はじめにお伝えします。今回、景色のご紹介はできません!終始、雨でした。

でも…雨に打たれて、風に吹かれて、利尻島の自然のたくましさを全身で感じることができた気もする。

そんな登山をご紹介します。

まずはフェリー!

札幌中心部から車を走らせて6時間で稚内市に到着。そこからフェリーに乗り込んで利尻島の鴛泊港に向かいます。
フェリーは一日に数便しかないので、登山をするなら前日入りが基本かと!

フェリーから見える利尻島!天気予報通りしっかり雲が掛かっていて凹みます。

お昼に到着。せっかくなのでレンタカーで利尻島を一周しました。

フェリーターミナルの向かいにある「さとう食堂」の海藻ラーメンや…

鴛泊の反対側、沓形にある「ミルピス」などの定番ルートを、しっかり観光しました。
島自体は一周1時間ちょっとで回れます。
お酒は我慢して、夜8時に就寝。

次の日

ホテルの方に送っていただき、朝5時すぎに登山口に到着!
悪天候にも関わらず数人います。

この看板の横に登山口がありますよ~。キャンプ場のすぐそばです。

5:30 甘露泉水

登り始めの時点ですでに2合目なので、10分程度で3合目に到着します。
ここが、有名な甘露泉水!

甘くてまろやかな利尻山の伏流水。
ここ以降に水をくめる場所はないので、満タンにしていきましょう!

もう3合目?!いけるな!の顔。

6:00 4合目

そこから30分後くらいで4合目。緩やかな樹林帯が続きます。

6:30 5合目

登り始めて1時間ちょっと、5合目の標識が見えた!

どういう顔?
顔はおいておいて、標識に書いてある言葉が素敵です。ちなみに利尻島に雷鳥はいないそう…(笑)

「半分だー!」とテンションが上がるのも束の間、標高は610m。つまりここから1000m以上登ります…。
ちなみに時間や体力から考えると、5合目で5分の1登ったくらいです。

ここでチラッと景色が見えた!自分がいまどこにいるのか再確認し、身が引き締まります。

おやつ補給。元気が復活!

じゃーん。何回も書いている気がしますが、やはり山×大福は最強の組み合わせ。
この味の大福は初めてみました。スッキリしていて美味しかったー!

止まらないおやつ

インスタグラムでは、47都道府県のおやつを山で食べています。ぜひご覧ください。

ここからもまだまだ長い道のりが続きます。
長くなるので続きは次回の記事で!

連載「堀内美里の言いたいことは山々ですが

※北海道の山に登るときは、クマについても知っておきましょう。「クマに出会ったら」「出会わないためには」の基本の知恵は、HBCのサイト「クマここ」で、専門家監修のもとまとめています。

文:HBCアナウンサー・堀内美里(ほりうち・みさと)
北海道生まれ・北海道育ち。2021年入社。HBCテレビ「グッチーな!」「吉田類 北海道ぶらり街めぐり」、HBCラジオ「平野龍一のミライの扉」を担当。登山歴3年。おいしくごはんを食べるために山に登っています。登山の魅力はインスタグラムでも発信中

編集:Sitakke編集部IKU

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • X
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • X