2023.08.11

出かける

【札幌から車で約1時間】お手軽に海と山を望む。小樽・銭函天狗山/地元アナウンサーの山ガイド

北海道生まれ北海道育ち。生粋の道産子であるHBCアナウンサー・堀内美里(ほりうち・みさと)が、趣味である「登山」と「山ごはん」を連載。

自分の足で歩いた先にある絶景と美味しいご飯は、もう最高です!
文化部出身・運動神経ゼロの私でも楽しめる「コスパはなまる山」を紹介していきます~!

連載「堀内美里の言いたいことは山々ですが

札幌中心部から車で約1時間で到着!山頂付近からは石狩湾を一望できる「銭函天狗山」

日付:2023年7月21日
銭函天狗山(標高536㍍)
北海道小樽市
登り1時間20分、下り1時間10分

今回のルートマップ(登山アプリYAMAPより)

山頂(見晴台)からの絶景度 ★★★☆☆
険しい度 ★★☆☆☆
周辺の施設充実度 ★★★☆☆
札幌市内からのアクセスの良さ度 ★★★★★
個人的オススメ度 ★★★☆☆

ポイント
✓札幌中心部から1時間程度で登山口に到着
✓山頂手前では街と石狩湾、山頂からは山々を望める
✓登山初心者がレベルアップするのに丁度良いルート

登山レポ

登山口のすぐそばに駐車場があります。トイレはないので事前に済ませておきましょう。

歩き始めは森の中を散歩。午前7時、朝日が眩しい!

そして夏の低山は虫が多いぞ~
ぶんぶん音が止まりません。

10分ほど歩くと山荘もあります。

登り始めから30分弱はゆるい上り坂。4合目あたりから急になっていきます。
疲れてきますが…

「まだ5合目なの!?」と標識にびっくり。
木が生い茂っていて、日影なのは救いですがここまでほぼ展望ゼロ…。

鼻水も汗も止まりません。

ロープ発見!

坂がきつくなってきた頃に出てくるロープは、極楽へと続くクモの糸のよう。(千切れませんように)

ごつごつした岩場も7合目あたりで出てきます。このあたりを超えると、ほぼ山頂!

木々の隙間から、ちらっと見える街と海!

ここまで頑張った自分…元気がみなぎります。あとちょっと!

絶景ポイント

山頂の一歩手前!石狩湾と街を一望できるスポット。

山頂~~!

山頂からは海は見えませんが、代わりに山々が近くで拝めます。

標識は手で持つことが出来ます。

ドヤ顔で自撮りをしましょう。

標高が低いので、涼しくはないですが風通しが良くて気持ちよかったです。
朝8時半ごろに到着すると、誰もいませんでした。

ここでお楽しみの、山ごはんの時間です。

今回は、夏山にぴったり!火を使わずに作れるさっぱりレシピです♡
二つも作ってしまいました。次回の記事でご紹介します。
⇒【”流水麺”でつるっと「冷やしそうめん」
⇒【さらさら食べられる!麦茶で「梅茶漬け」

連載「堀内美里の言いたいことは山々ですが

※北海道の山に登るときは、クマについても知っておきましょう。「クマに出会ったら」「出会わないためには」の基本の知恵は、HBCのサイト「クマここ」で、専門家監修のもとまとめています。

文:HBCアナウンサー・堀内美里(ほりうち・みさと)
北海道生まれ・北海道育ち。2021年入社。HBCテレビ「グッチーな!」「吉田類 北海道ぶらり街めぐり」、HBCラジオ「平野龍一のミライの扉」を担当。登山歴3年。おいしくごはんを食べるために山に登っています。登山の魅力はインスタグラムでも発信中

編集:Sitakke編集部IKU

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • X
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • X