2022.05.04

食べる

【札幌】うま味がじゅわっと…本格スペイン料理!よゐこ有野さんに達人が勧めた店とは?

北海道にはイタリアンのお店は数多く存在していますが、「スペイン料理」を味わえるお店は限られています。札幌の飲食店に精通している達人が、プライベートでも通っているという、本格スペイン料理のお店を紹介してくれました!

今回の達人は、福崎里美さん。グルメを中心に札幌のトレンドを発信する情報誌「poroco」の統括編集長です!取材で訪れた札幌の飲食店は毎年100件以上!!札幌の飲食店のことならお任せ!!

福崎統括編集長が、よゐこの有野晋哉さんに紹介したいのが…「衝撃」を受けるというスペイン料理。

向かったのは、札幌市中央区にある「BOQUERIA −ボケリア−」です。ボケリアとは、スペイン語で「胃袋」という意味。お腹も心も満たしてくれる魅力的なお店です。

雑誌編集者の楽しみ方の極意は、「なるべくカウンター席に座る」ことだそう!厨房や、インパクトのある生ハムが目の前で見られるからです。

おすすめ①:「ストレートにマッシュルームのうまみを味わいつくす」

まずいただいたおすすめメニューは、「プランチャ」!スペイン語で「鉄板焼き」という意味で、十勝産のマッシュルームの汁とチョリソー、オリーブオイルがマッチした一品です。

十勝産マッシュルームの鉄板焼き(990円)

福崎統括編集長によると、「これだけでも十分美味しいが、さらに楽しむために、自家製のパンをうま味で溢れている汁につけていただく」のがおすすめとのこと。有野さんも思わず「腹立つ!」と叫ぶほどのおいしさでした。

この料理に、福崎統括編集長が見出しをつけるとしたら…「ストレートにマッシュルームのうまみを味わいつくす」!食べたくなる、魔法の言葉です。

おすすめ② 「素材のうまみとイカ墨のハーモニー」

続いておすすめしてくれた逸品は「イカ墨のフィデウア」。

「フィデウア」とは、パエージャ(いわゆるパエリア。魚介類などの具と米を加えて作る炊き込みご飯)のお米が、短いパスタになっているもの。パスタはマカロニのように中に空洞があるため、「もちもちで、中の空洞にソースが入るのでおいしい」とのこと!

この料理に見出しをつけるとしたら…「素材のうまみとイカ墨のハーモニー 味の変化もドラマティック」!

イカ墨ソース・野菜ペースト・魚介スープがベースで、バスタと新鮮なヤリイカとの相性が抜群!有野さんも「イカの弾力もいい!」と大絶賛していました。

ここでさらに、「ドラマティック」な味の変化を楽しみます。 そのアイテムがこちら、「レモン」と「アリオリソース」!

レモンはさっぱり、アリオリソースはニンニクが効いていて、有野さんも口に入れた瞬間「うまい!」とうなっていました。

有野さんに、この店の雰囲気と食べた料理に、雑誌風の見出しをつけてもらうことに。有野さんのまとめは…「スペイン料理は車で行かない!!」

スペイン産のワインなど、料理に合うお酒がたくさんそろっているんです。「20歳以上の方は、お酒も飲んで帰ったほうがいい!それを含めてスペイン料理だと思う」とのこと。

有野さんも絶賛の本格的なスペイン料理、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

***
スペイン料理 BOQUERIA(ボケリア)
住所:中央区南3条西7丁目7-4 しゃみ靴店2F
営業時間:午後5時〜11時(ラストオーダー午後10時)
定休日:火曜 ほか不定休あり
電話番号:011−209−7071

※掲載の内容は番組放送時(2022年4月23日)の情報に基づきます。

ブラキタ

レジャーからショッピング、映画、グルメ、芸能など幅広い情報を総まとめ! すぐに行ってみたいと思う情報や週明けに誰かに話したくなる話題が盛りだくさん。 土曜のお昼に北海道から生放送でお届け!

https://www.hbc.co.jp/tv/brunch-kita/

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter