2022.01.02

深める

【函館神社巡礼②】明治の偉人乃木将軍夫妻を崇敬 夫婦の縁の守り神/函館乃木神社

明治時代の偉人である乃木希典陸軍大将とその妻・静子夫人を祭る「乃木神社」。

明治天皇崩御に殉じて大葬の日に夫妻で自刃、その厚い忠誠心が当時の国民に衝撃を与え、
函館でも函館教育会による追悼祭が開かれるほどの社会現象を巻き起こした。
1913年に有志が乃木会を設立し、16年、現在の場所に神社創建。

「文武両道」「学問」の神

小ぶりな江戸みこし。例大祭の時には崇敬者有志が担いで町内を練り歩く。

御祭神の乃木将軍は家族や国に対する「誠実さ」が尊ばれ、
昭和天皇の養育にあたったことから「文武両道」「学問」の神とされている。
その尚武にあやかって6月の例大祭には少年剣道大会を開催。

乃木夫妻の深い夫婦愛から「夫婦和合」の神徳

末長い夫婦円満を祈念する「よりそひ守」と御朱印、実際に役所へ提出できる婚姻届けが
冊子としてセットになった「よりそひ婚姻届け」が全国からも注目を集めています。
※郵送でも対応可能で、取り寄せ方法は公式ホームページ
https://hakodate-nogijinja.com

左/安産御守、合格勝守、ペット守 下/つれそひ守
右/乃木将軍が好んだというヒョウタンを使ったお守り

函館乃木神社

函館市乃木町5‐25
☎0138‐51‐4818
社務所9:30~16:30
無休 P有り

ハコラク

ハコラクマガジンでは、20代から50代の男女をターゲットに毎回異なる切り口で特集を企画。 グルメ、ビューティー、レジャー、ヘルスケア情報を中心に、より日常を楽しむためのライフスタイルを提案しています。

https://hako-raku.jp/

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

キーワード

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter