2022.01.02

出かける

温泉街を抜けるとこんな場所が…!雨や雪の日こそ訪れたいカフェ【札幌・定山渓温泉】

最高気温が0度以下の日も珍しくない北海道の冬。さらに雪が降ろうものなら、外出が億劫になりませんか? しかし札幌市の定山渓温泉には『雨ノ日と雪ノ日』という、雨や雪の日こそ行きたくなるカフェがあります。いったいどういうことか、詳しくご紹介していきます。

さりげない「ほっこり」が詰まった店内

『雨ノ日と雪ノ日』は2018年9月14日にオープン。北海道内に宿を展開する『第一寶亭留(だいいちほてる)』が運営するカフェで、ジェラートと焼きたてのピザがいただけます。

定山渓温泉街からは徒歩15分ほど。豊かな広葉樹林に囲まれたカフェです。青と白の外観が映えますね。

カーブを描くアプローチを歩き進め店内に入ると、まず目に入るのが壁一面のレインドロップ。なんと傘掛けなのです! 雨に濡れた傘も絵になるとは……なんだかほっこりしますね。

扉を開けるとシンプルな空間に、雨の日にちなんだグッズが並びます。色とりどりの傘のなかには、エリザベス女王2世御用達のブランド『フルトン』の傘もありますよ。

『第一寶亭留』が運営する『翠山窯(すいざんがま)』という工房で焼き上げられたジェラートカップやお茶碗、湯飲みなどの雑貨も販売しています。

カップに注目!14種類の自家製ジェラート

『雨ノ日と雪ノ日』のジェラートは北海道美瑛町のジャージー牛乳を使用。自社菜園で育ったかぼちゃをはじめとする野菜や、『定山渓ファーム』のプルーン・プラムなど、地産の食材にこだわった14種類のジェラートが並びます。シングルはなく、ダブルかトリプルのどちらかを選びます。

筆者は『美瑛産のジャージー牛乳』と『森の木苺』に加え、雨と雪が降る日はワンフレーバーサービスになるので、『自家菜園かぼちゃ』を注文しました。とってもお得感がありますね。

『美瑛産のジャージー牛乳』はさっぱりとした牛乳の味わい。『森の木苺』は酸味があって後味爽やか。そして『自家菜園かぼちゃ』は優しい甘みが印象的です。甘い濃厚ジェラートというよりは、“素材を活かした優しい味わい”という表現がぴったりでしょう。

ジェラートカップにもさりげないポイントがあり、その日の天候を表現したスタンプが押されているのです。お天気スタンプはこんなにたくさんの種類が! 遊び心をくすぐりますね。

素材にこだわり抜いたピザ

ピザは1枚あたり直径30cmほどの大きさ。

生地作りから『第一寶亭留』のイタリアンシェフが手掛ける、こだわりのピザが揃います。おすすめは『雨雪の贅沢サラダピザ』。トマトソースがベースになっており、トッピングは自家製生ハムにサーモン、モッツァレラチーズや新鮮レタスがたっぷり。ボリューミーなレタスの下には、地元の養鶏場から仕入れた新鮮な卵が隠れていますよ。

雨と雪の日限定のサービスも

さらに、雨と雪が降る日には以下のサービスがついてきます。

1:ホットコーヒー無料
2:ジェラートご注文の方+1フレーバーサービス
3:ピザご注文の方チーズ増量無料(申告制)

店名の『雨ノ日と雪ノ日』には、「雨や雪の日でもお出かけが楽しくなるように」という想いが込められているとのこと。これは雨と雪の日を待ち望むしかありませんね!

『雨ノ日と雪ノ日』
住所:北海道札幌市南区定山渓温泉西2-41
最寄り駅:函館本線・札幌駅
営業時間:10時~18時
定休日:なし
電話番号:011-596-9131
駐車場:あり
支払い方法:現金、クレジットカード
個室:なし
お子様連れ:可
Instagram:@amenohi_to_yukinohi

※掲載内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

文:yukko

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

キーワード

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter