2021.12.10

ゆるむ

【絶景ドローン】美しく続く断崖に…室蘭のマチが生まれた理由があった

〝鉄のマチ〟室蘭は 自然の恵みによってつくられた

室蘭市の絵鞆(えとも)半島の南側には、巨大な壁のような断崖が続き、ドローンで撮影するとその美しさが良くわかります。
断崖の多くは、海底で噴出したマグマが固まったものからできた岩で、いくつもの海底火山はやがて海面から隆起し、断崖を形づくりました。
断崖が壁となって、室蘭は波風を寄せつけない〝天然の良港〟となり、断崖と同じ溶岩から生まれた豊富な砂鉄にも恵まれ、さらに夕張から石炭が運ばれるルートにあった、という3つの要素が、このマチを〝鉄のマチ〟として繁栄させることになりました。

2021年12月9日 放送
撮影:サファリグラフィックス 松浦靖宏さん(札幌市在住)

北海道ドローン紀行

北海道内各地で撮影された珠玉のドローン映像をお届け。 カムイミンタラ=神々の庭といわれた、北の大地や海の魅力、人々の営みを、今までにはない「鳥の眼」でご紹介します。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

キーワード

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter