2021.12.01

出かける

大人の甘味、コーヒーとあんが協演する魅惑のぜんざい【あっぱれ!十勝のあん応援企画】

十勝は小豆の一大産地。肥よくな大地で育まれた小豆から作るあんは、風味豊かで、十勝はもちろん、全国の和洋菓子店などで愛されています。
さて、このあんが今、コロナ禍で需要が減っています。お膝元の十勝からその魅力を見つめ直し、おいしいあんをもっと楽しみませんか?
あっぱれ、十勝のあん ―
農家や菓子店の皆さん、そして十勝っ子が愛してやまない「あん」に贈る、応援企画です。

魅惑のあんスイーツ あま~いラインアップをどうぞ

あんとバニラアイスの層にたっぷり回しかけるのは、エスプレッソコーヒー。
ほろ苦さと芳醇な香りをまとう「ぜんざい」は、あんの新たな魅力に気付かせてくれる。

「喫茶文化が根付く名古屋ではなじみある組み合わせです」と話すのは、代表の鎌田祐佳さんだ。
現地では小倉トーストやあんの甘味が定番で、コーヒーを使って小豆を炊くことも。十勝のようにあんを愛する文化に感激して12年前に構えたカフェは、あんを楽しめる店を目指した。

レトロな雰囲気が漂う店は流れる時間が心地いい

てんさい糖と海塩少々で炊いた小豆は、ほどよい甘さ。白玉団子も加わりなかなかの量だが、自家焙煎のエスプレッソコーヒーで軽やかな後口へと導びかれる。〝大人の味〞で、男性にも人気だ。

エチオピアやタンザニア、コロンビア産の豆をブレンドしたエスプレッソコーヒーは好みの量を注いで…

生産者と直接つながり、メニューはできる限り十勝産にこだわる
〝赤いダイヤ〞として十勝市場を支える小豆に、「質のよさが認められてできたブランド。魅力を伝えられる店でありたい」。あんに注ぐ愛は、深まるばかりです。

「甘いものが苦手な人もぜひ」と優しい笑顔を見せる鎌田さん

かふぇ坩堝

住所:帯広市西16条南36丁目1-20
電話:0155-67-4262
営業時間:カフェタイム 11:00~17:00、バルタイム 18:00~23:00
定休日:月曜

※フリーマガジン「Chai」2021年11月号より。
※撮影/鎌田廉平。写真の無断転用は禁じます。

Chaiでじ

十勝毎日新聞社が月1回発行する、グルメ、ファッション、レジャー、美容・健康、住宅関連…などなど、十勝に住む人の役に立つ情報が満載の十勝の生活応援マガジン

https://kachimai.jp/chai/

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

キーワード

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter