2021.10.13

深める

いつもの写真をワンランクアップ♪プロカメラマン直伝!簡単スマホ撮影術

高性能のスマートフォンカメラ。
でも、自分で撮ってみると、なかなか上手に撮れない…。

そこで!すぐに使える!「ワンランク上のスマホカメラ撮影術」をプロに教えてもらいました!

指導いただくのは、札幌を中心に活躍する写真家・大橋 泰之さん。

ファッションから料理撮影、そして、あのスキージャンプ女子・高梨沙羅選手をデビュー当時から撮り続ける、まさにプロフィッショナル。

そんなプロが、自撮りのテクニックを教えてくれました。

まずは、自撮りをする角度。

自分の「利き顔」を知りましょう!
にっこりと笑って、口角がより上がっている方が利き顔です。

筋肉が引き締まっているので、輪郭がスッキリして見えるんだそうです。

利き顔がわかったところで、もうひとつのポイント!

カメラを自分の目線よりも上にあげます。
自撮りの場合、やや上から撮ることで、顔の下半分が引き締まって見える効果が出るんです。

最初の写真と比べると、金城アナの魅力が引き出されています!

続いては、全身の撮影方法。スタイル良く見える方法を教わりました!

ポイントは、スマホを逆さに持つこと!

スマホを逆さに持つとカメラレンズの位置が下がります。
その状態で写真を撮ると、不思議と脚長効果が出るんだそう。

続いては、見ごろを迎えている紅葉との撮影方法です!!

スマホの「グリッド線」という機能を活用します。

グリッド線とは「縦横2本ずつのガイドライン」で、水平を保てたり、画角を決めやすくする機能のこと。 線が交わる点に被写体を置くことでプロっぽい写真を撮ることができるんです!

モデルの金城アナを真ん中より右側に配置、左側に紅葉を意識して撮影。

金城さんと紅葉のバランスが良い感じ!
皆さんも、グリッド線を活用してみては、いかがでしょうか。

変わっては、カフェやレストランで「すぐに使える!スマホ撮影術」!!
カフェで、スイーツやドリンクがより映えるテクニックを学びましょう。

スイーツを綺麗に撮影するには、「露出補正」の機能を活用!!

iPhoneの場合、明るくしたいところをタッチすると、太陽のマークが出できます。
その太陽マークを上へスワイプすると、簡単に露出補正ができるんです。

スイーツや料理は、明るい方が断然、美味しく見えるので、スマホの「太陽マーク」、覚えておきましょう!

続いて撮影するのは、カフェ自慢のフルーツスムージー。
先ほど屋外で教えてもらったあの「脚長テクニック」で、さらにスムージーを映えさせちゃいます!

スマホを逆さに持って撮るだけ!!

プロ並みの1枚が撮れちゃいました。

いつものスマホ撮影がより楽しくなるプロ直伝のテクニック。
ぜひ皆さんもお試しください。

※掲載の内容は番組放送時(2021年10月13日)の情報に基づきます。

今日ドキッ!

HBCテレビにて毎週月~金曜ごご3:49~7:00放送中の情報ワイド番組!あしたにも行きたくなる…食べたくなる…すぐに活用したくなる… 「毎日の暮らしに+α」 の情報を北海道の皆様にお届けします。最新のニュースや天気、スポーツ情報など 、「北海道の今」にこだわる情報報道番組です。

https://www.hbc.co.jp/tv/doki/

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter