2021.09.24

みがく

【気温別】9月末の北海道、何着る?手持ちアイテムで叶える秋コーデ

春と同様に、かけあしで過ぎ去る北海道の秋。夏と秋が混在する9月は、日中と朝晩の寒暖差が急にはげしくなり、毎年着るものに悩みますよね。

実は春秋が短い北海道に住む人は、この季節の服を持っていない方が少なくありません。なぜならONシーズンに服を買おうとすると、すでに店舗には東京基準の1か月以上先の商品が並んでいるからです。

そこで今回は、夏アイテムを使った秋のコーディネート術をご紹介します。

秋服がなくてもOK!気温別コーディネート

気象庁のデータによると、9月の札幌の平均気温は18.6度、最高気温の平均は22.8度です。ところが10月になると平均気温は12.1度、最高気温の平均は16.4度に変化。日によっては霜が降りる朝もあり、途端に冬モードに突入します。

この本当に短い北海道の秋を、手持ちのアイテムで乗り切る方法を解説していきます。

半袖1枚でも秋コーデ


秋色のTシャツ

9月でも25度を超える日は、8月と同じ服装でOK。でもサンダルはそろそろおしまい。半袖1枚の場合でも、カーキやベージュ、ダークグレイなどの深みがある色を使うだけで、一気に秋らしいコーディネートに。朝晩通勤される方は、薄手のコートが必要になります。

羽織をプラス


カーディガンとノースリーブ

9月中旬、気温が21〜24度程度のころは、ノースリーブに長袖カーディガンや薄手シャツを合わせます。日中に暑さを感じたら、カーディガンなどは肩掛けに。朝晩の通勤がある方には、薄手のコート+薄手のストールの組み合わせがおすすめです。

基本は長袖


ジャケットとTシャツ

9月下旬。紅葉もグンと進み、日中でも20度以下であることが多くなると、長袖がメインに。でも冬を考えたら、今からニットは着たくない……そんな場合は、半袖にジャケットやパーカーがおすすめです。

最低気温は12度前後。朝晩の通勤があるのであれば、厚手のショールやマフラーを合わせます。足元が冷える方はブーツを履くのがおすすめです。

最後に

以上、夏のアイテムを用いたコーディネートの数々をご紹介してきました。さらにバッグや靴といった小物アイテムに、“黒や茶色”を取り入れることもおすすめです。それだけでもグッと秋らしい装いになります。

短い北海道の秋を、ファッションでも楽しんでみてはいかがでしょうか?

文:山本よしみ(aft色彩認定講師/着こなし美人ナビゲーター)
サロンHP:Refined
Instagram:@refined.colorstyle

【参考】
気象庁 札幌平年値(年・月ごとの値)
気象庁 札幌9月平年値(日ごとの値)

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

キーワード

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter