2024.05.11

深める

「友だちが部活を辞めたら?」ヤングケアラーが近くにいたとき、できる声がけとは…北海道初の試み【北海道・恵庭市】

家族の世話や介護に追われる子どもたち。

「ヤングケアラー」への理解を深めてもらおうと、北海道恵庭市の学校で出張授業が始まりました。

北海道ヤングケアラー相談サポートセンターの加藤高一郎センター長に「ヤングケアラー」とはどんな子どもたちのことをさすのか聞いてみました。

「家の中の事が大変になってきて、部活や自分の時間をできなくなってくる。当たり前にやっていることができなくなる状態をヤングケアラーっていいます」

恵庭市の柏陽中学校で全校生徒が耳を傾けるのは、ヤングケアラーについて学ぶ授業です。

ヤングケアラーとは大人に代わって、日常的に家族の世話や介護をしたり、家計を支えるためにアルバイトをしたりする18歳未満の子どもたちです。

当事者が支援が必要と自覚しにくい、つまり「助けて」と言いにくいことが、課題となっています。

この出張授業は、恵庭市が4月施行した「ケアラー支援条例」の取り組みのひとつとして、支援団体と連携し2024年度、市内すべての小中高校で行います。

ヤングケアラーへの理解を深めてもらうことが目的で、マチの全ての学校で授業を行うのは、北海道内初の試みです。

北海道ヤングケアラー相談サポートセンターの加藤高一郎センター長が「友だちが部活を辞めることになったらどうする?」と生徒に問いかけます。

生徒は「相談に乗るぐらいしかできない」と答えましたが…。

加藤センター長は「実はこれだけでいいんです」とにっこり。

相手の話を聞くというのが、とても大事だと生徒たちに話しました。

受講した生徒は「ヤングケアラーは言葉しか知らなくて…。周りにそういう事情を抱えている人がいたら、もう少し自分も気を配ったり、声をかけることが大切だと感じた」と話していました。

加藤センター長は「子どもたちが孤立しないように“困ったことがあったら話していいんだよ”っていう環境を作ることが大事と思っている」と話します。

「人に話すことで何かが変わることを実感してもらいたい」

そんな思いで活動を続けています。

北海道ヤングケアラー相談サポートセンターでは、家族に関する悩みは一人で抱えこまずに、いつでも電話で相談してほしいと呼びかけています。

文:HBC報道部
編集:Sitakke編集部あい

※掲載の内容は「今日ドキッ!」放送時(2024年4月24日)の情報に基づきます。

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter