2022.05.05

ゆるむ

まるで、ふかふかのじゅうたんのような… 【北海道・美瑛vol.2】

収穫直前の大麦が、ゆったりと風に揺れる風景

美瑛の美しさは、自然に生み出されたものではありません。
いくつも続く丘は、すべて人間の手で開墾された畑です。
しかもそのほとんどの畑では、毎年違う作物が栽培されています。
なので、同じように見える風景でも、毎年少しずつ違うのです。
今回ご紹介するのは、収穫を目前にした大麦の畑を、ドローンで空中から見下ろした映像です。
大麦の畑はまるで、ふかふかのじゅうたんのよう。
そこを風が駆け抜けると、まるで生き物のように揺れる様子は、なぜか心を〝ホッと〟させてくれます。
ぜひ動画でもご覧ください。

写真家の菊池晴夫さんは「神様でも作ることが出来ないような、奇跡的な風景が、美瑛にはたくさんある」といいます。そして、こう言葉を続けました「美瑛は、日本で最も美しい大地だ」と。

美瑛の、四季の美しい映像を綴ったTV番組「日本で最も美しい大地〜美瑛 写真家・菊地晴夫の世界」が、5月15日(日)ごご3時から、HBC北海道放送にて放送されます。(今回の放送は、北海道のみの放送です)
10日間にわたって、番組で紹介される美しい風景を、毎日ご紹介していきます。

あすご紹介する風景は、「融雪剤をまいて、春を呼ぶ風景」です。
お楽しみに!

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter