2022.01.06

出かける

「スルスル~っと食べやすい!」函館在住の編集部がピックアップ♪道南エリアの麺類がおいしいお店【3選】

忘年会や新年会、そしてお正月と、なにかと宴会が多いこの季節。食べ過ぎ&;飲みすぎてしまって、なんだか胃腸が疲れちゃった…そんなあなたへ!今回は、函館を中心とする道南エリアの情報を発信する青いぽすとさんの記事の中から、するする〜っと食べやすい「麺類」メニューを扱っているお店をSitakke編集部がピックアップしてみました。

2021年7月オープン!リーズナブルなそばが堪能できる【かくれそば処 番屋】

『かくれそば処 番屋』は、繁華街・本町の路地裏にひっそり佇むそば店。その店名通り、まさしく隠れ家のようなお店なんです。

オープンしたばかりにもかかわらず、「ざるそば」「かけそば」(各380円)、「ざるそば+ミニ天丼セット」(=写真、880円)、「えび天丼」「カツ丼」(各880円)、「うな丼」(980円)など、リーズナブルな点が早くも人気を集めているんだとか!さらに、現在は各メニューに1ドリンクが無料で付いてくるみたい!これは嬉しい〜!そばは疲労回復にも効果があると聞きますし、お正月で胃袋が疲れ気味な人にはぴったりかも。

期間(2021年12月10日〜2022年1月31日)中、注文時「青ぽ見た」で全メニューの「大盛り」が通常+50円のところを無料で提供とのこと。関連記事も要チェックです!

【営業時間】11時~14時30分。
【定休日】日曜、祝日休。
【所在地】函館市本町31-32
【電話】0138-55-5220

◆ 関連記事
函館在住の編集部が厳選!2021年にオープンした注目のお店【3選】
https://sitakke.jp/post/1893/

このボリュームで800円!?道産そばの石臼挽き麺が思う存分楽しめる【そば膳 一富士】

『そば膳 一富士』は、桔梗4丁目・国道5号線沿いにあります。なかでも、「特大 大もり」(800円)の盛りがスゴいと評判なんだとか!

北海道産そばの石臼挽きの麺は風味がよく食が進み食べやすく、女性でも意外とスイスイ食べれちゃうかも!そば好きはもちろん、美味しいものをお腹いっぱい食べたいという人におすすめです。オープンから7年、冷たいそばから温かいそばまで大好評の1軒。

価格もお手軽なので、そば好きはもちろん、美味しいものをお腹いっぱい食べたいという人も満足すること間違いなしですよ♪

【営業時間】11時~LO14時(ただし、そばがなくなり次第終了)。不定休。P有。
【所在地】函館市桔梗4-15-6【電話】☎︎0138-87-0062

◆ 関連記事
【函館でいっぱい食べたいあなたへ】これは大きい!ボリューム満点&インパクト大のメニュー3選!
https://sitakke.jp/post/1020/

海の幸も山の幸もたっぷり!九州有名店直伝の松前ラーメンが味わえる【和風レストラン 浦里】

『和風レストラン 浦里』は、「松前公園」から徒歩5分のところにお店を構えています。

気になるオススメは、「松前ラーメン」(=写真、1100円)。20年ほど前にテレビ番組の企画で誕生したメニューを、考案者である九州の有名店から教わったそうです。豚骨ベースの塩味スープに、アワビ、ウニ、エビ、サザエ、ホッケのすり身、イカのすり身、松前の岩のり、ワカメ、細竹をトッピングした逸品。松前の前浜で獲れる新鮮な海の幸と、山の幸の両方を味わえる同店の看板メニューをぜひ!

PM5:30からは「居酒屋 仁」になり、炭火焼きなどを中心に提供しているんだとか。

【営業時間】AM11:00~PM2:30(LO)。日曜休。P有。
【所在地】松前町字福山195【電話】☎︎0139-42-2158

◆ 関連記事
函館からほど近くにある美味しいお店 【3選】
https://sitakke.jp/post/482/

今回は、函館の地域密着型フリーペーパー『青いぽすと』編集部さん(https://sitakke.jp/partner/9/)に「道南エリアのおいしい麺類」をご紹介いただきました♪

***
『青いぽすと』って?(https://aopos.jp/)
『青いぽすと』は1991年の創刊以来、グルメ、レジャー、イベントガイド、
エッセイ、医療、美容、観光情報、など、読者の皆さまの生活に潤いを与える
役立つ情報を発信し続けている「函館の地域密着型フリーペーパー」です。

***
オリジナル記事|青いぽすと(https://sitakke.jp/partner/9/)
re-edit|Sitakke編集部

Sitakke編集部

Sitakke編集部やパートナークリエイターによる独自記事をお届け。日常生活のお役立ち情報から、ホッと一息つきたいときのコラム記事など、北海道の女性の暮らしにそっと寄り添う情報をお届けできたらと思っています。

この記事のキーワードはこちら

SNSでシェアする

  • twitter
  • facebook
  • line

編集部ひと押し

あなたへおすすめ

キーワード

エリアで記事を探す

FOLLOW US

  • twitter